【2017年6月】Google adsenseにサイト設立、申請含めて24日で合格した方法

この度、この「ノプログ~ノプジェの雑記~」がサイト設立、5月20日から運営を始め、Google adsense申請6月2日から6月13日の11日で合格することが出来ました。サイト設立からわずか「24日」です!!!ありがとうございます!!!

Google adsenseは年々厳しくなっている、ということを他のサイト様で多く見かけます。さらにAdsenseのForumでも「不合格になる」と、かなり見かけます。

ではなぜこのブログが合格することができたのか?(押し売りみたいなキャッチフレーズになってしまった)

https://www.iscle.com/web-it/g-drive/adsense/shinsa-1610.html

グーグルアドセンスの審査に通らない!厳しくなった審査基準のための対応策はこれだ!

こちらのサイト様を参考に、「以前はこうだった」ということをまとめていきます。

グーグルアドセンスの合格条件

当初の私
まず、私が申請を始めた当初は「記事の数、文字数を500~1000、見やすいコンテンツの配慮」を基準に記事を増やしていました。その他は全く考えていませんでした。反省点がまだまだ多いです。

以下がGoogle adsenseに合格する必要最低限の情報(寄せ集め)です。

 

独自ドメインのサイトで申請

無料ブログサービスだけでは審査できません。無料ブログサービスを利用すると、サブドメインが指定されたサイトになります。

例:もし私のn0pj.comというサイトが無料ブログサービスだとすると、他の人たちに対しては「sub.n0pj.com、sub2.n0pj.com」のようなサブドメインの投稿ページを無料で提供します。これではGoogle adsenseに申請することができません。

申請する場合は「Seesaaブログ、Blogger、ライブドアブログ」が申請できます。Bloggerに関しては数ヶ月運営しないと審査に出せないようです。

しかし、先ほども言いましたように「独自ドメイン」がない場合は申請ができないので注意です。

 

記事はオリジナルのもので30以上が必要

記事はオリジナルで30以上必要のようです。私の場合ですが、最初はほとんど引用、転載のまとめ記事でした。それから少ししてオリジナルの記事を増やしていました。

記事数は5月20日から31日までで43記事、6月1日から13日までで23記事ほどでした。転載系の比率としては5:5くらいです。

 

1つの記事に1000文字は必要

1つの記事に1000文字必要のようです。オリジナルだと1000文字以上は余裕ですが転載になると500文字程度で終わってしまいますね。私の場合記事にもよりますが、平均500文字程度だと思います。完全オリジナルの場合は1000文字を超えます。(この記事で3900文字です)

 

記事の内容はユーザーが有益と思えるもの

日記系のブログを書こうと思っている方には大打撃ですね。ユーザーが有益、と思えるものは人によって考え方が違ってきます。ラーメンの美味しさランキングやゲームのレビューサイトなど、旅館を紹介するサイトなど色々考えられます。

自分のサイトはどの方向に行くかもう一度決める必要があります。そのほうが記事も絞れますし、書きやすくもなります。

 

サイトのメニューやカテゴリー分けをユーザー視点で見やすいように使いやすいように

これは実際にサイト運営しないとわかりませんね。まずは他の人のサイトに行って「この配置見やすいな、この装飾ボタン使えそう」等試行錯誤すると良いかもしれません。

編集ができない場合はすでにある人気のテンプレートを利用するとこの政策は必要なくなります(完全に、ではないですが)

 

お酒や薬に関する記事は違反

Webサイトというのは全世界に公開され、だれでも見ることができます。つまり未成年者も閲覧することができるのです。それを考えると「常識だな」と思えますね。

 

画像や動画は貼ってはいけない

完全に駄目というわけではなく「記事と画像が全くあってないのに画像を挿入する。」というのがダメです。

例:「パソコンの記事を書いているのにキャッチ画像(記事のメインの画像)をトマトの画像にしている」とかですね。

 

外部リンクを貼ってはいけない

これはそうだなと思えます。もし申請したサイトの外部リンクがアドウェアのサイトだったり、アダルトなサイトだったりするとアウトです。

 

サイト運営期間は1ヶ月以上が必要

ある程度の記事数、記事の有益度、文字数、サイトのみやすさ等がある程度あれば、サイト設立から1ヶ月以内には合格することが出来ます。

 

お問い合わせ欄が必要

送信するとエラーが起こるので、途中から廃止しました。必要なようです。確かに管理者に連絡する手段は何か1つでもほしいですね。

 

サイトのプライバシーポリシーが必要

サイトの個人情報取り扱いについて明記しなければいけない場合があります。それはユーザー同士が交流し合うサイトであったり、コメントフォーム、お問い合わせ欄を頻繁に利用する場合においてです。その場合は、サイト下部またはメニューにプライバシーポリシーを追加しましょう。Google adsense合格後も広告についてのプライバシーポリシが必要です。

 

アダルトや公共良俗に反した内容は書かない

これは言わずもがな常識ですね。外部リンクがアダルトの場合でもダメです。

これらはいくつかのサイトを拝見させていただき、情報をまとめました。

 

 

以前までのグーグルアドセンス審査

2016年3月頃

この頃は無料ブログサービスのURLでも登録できたようです。(例:blog.f3n.com)このようなサブドメインが付いたものでも登録できたようですが、「独自ドメイン」が必要になったようです。(例:n0pj.com)

これを取得するには、ドメインを販売しているところで購入する必要があります。もちろん名前は選べます。購入後は年額がかかってきます。それほど多くないですがおよそ「3,600円」ほどかかります。維持費のようなものですね。

真剣にサイト作成に取り組む意思が無い人を省くためのものでしょうか。

 

2016年8月頃

この頃からさらに厳しくなったようです。ページ数が少ない(記事量)、有益でないもの、記事の文字数が少ないものは不合格になるようです。

以前までは「日記系でも合格できる」とされていたものが、コンテンツの質を求められ、日記系ではほぼ合格しないということです。

 

日記系ブログとは

日々の出来事を記事に書くブログです。つまり「朝、朝食としてハンバーグを食べ、その後オシャレなカフェでエスプレッソを飲んだ。」のようなことを書くブログです。この日記系ブログでは今のGoogle adsenseに申請してもほぼ不合格になる、ということです。

 

2016年10月

この頃にGoogle adsenseの審査手順が大きく変わったようです。それ以前は広告ユニットを作成し、広告コードを記入することで審査されていました。今は審査用のコードが用意されており、そのコードを自分のWebサイトの<head></head>の間に記入し、「サイトとGoogle adsenseをリンクする」方法に変わりました。

 

 

現在の審査

以前は一次審査、二次審査と明確に別れていました。現在もあるようですが審査手順がかなり変わったため、一次審査は省かれている???ような気がします。なので下の画像は二次審査の始まり、ということになります。そこからが長いのです。

 

 

表示では「最大3日かかります」と書いてありますが、それ以上かかります。(よほど完璧なサイトでない限り通過しない?)

私の場合二次審査は7日後くらいに通過することが出来ました。そこからはこの画面です。

 

 

すこし表示が変わりましたね。これで二次審査は通過し、アカウントが準備されている状態です。ここでも1日前後と書かれていますが、私は4日かかりました。

さらにこの表示から4日後にメールにて…

 

 

見事合格することが出来ました。

 

合格することに必要なことのまとめ

記事の数は30以上が好ましい。できれば60記事くらい

それ以下だと1ヶ月以上審査の延期になってしまう可能性があります。私の場合記事数は60記事ほどで11日で合格しました。

 

記事の文字数は500以上が好ましい

それ以下だとただの日記です。1番は1000文字以上ですが、最初は難しいものです。500文字でいいので記事を増やしましょう。

 

引用・転載はしても良いが出典は必ず書く

これは常識だと思います。出典がない場合は完全にサイトの管理者の責任になります。著作権関係で最悪の場合、賠償金を請求される可能性があります。

 

サイトをシンプルにユーザビリティ(使いやすさ)に基づいたコンテンツの配置を考える

最初はわかりませよね。しかし、今から政策を行っていれば、「いずれここに何のコンテンツを置けばユーザーは興味を示す。」のような人間の心理に基づいた設計をできるようになるかもしれません。

 

これら4つが、私が気にして政策を行ったことです。しかし、1つ注意があります。サイトのキャッチフレーズやサイトタイトルにジャンルを指定している場合、そのジャンルに基づいた記事を書く必要があります。それ以外の記事を多く書いてしまうと「不承認」のメールが来る場合もあります。

あと、不合格の場合でも絶対にすぐに申請はしないでください。何回も不承認を得ていると数ヶ月申請できなくなったりと、不遇なことがおきます。

 

最後に

長々とお話しましたが、

私もまだまだ理解していないことが多いです。サイト設立から24日ほどしかたっていません。これからより多くの情報を取り入れ、経験値を貯めたいと思います。

また、グーグルアドセンスの広告設置については近日公開します。

 

ちなみにこの長ったらしい記事は3,900文字です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。