【War thunder】New E.R.Aについて攻略&考察 T-64 1.71アプデまとめ【ソ連】

データ読み込み負荷を軽減するために、ページを分割しています。下のリンクから”アメリカ””ドイツ”のページに飛べます。

アメリカ
ドイツ

ソ連

SU-100P

馬

BMP-1を開発する前提の車両が追加されました。
まずまずといったところです。
ASU-85から進化して、全周砲塔になりました。

 

車両スペック
車両名SU-100P
100mm(弾薬50)
砲塔回転速度4.2°/秒
俯角/仰角-4/37°
リロード速度13.0秒
車体装甲25/15/8mm
砲塔装甲20/15/0mm
重量21.6トン
エンジン出力354hp1800rpm
最高速度65km/h
最大傾斜27°
視界81%
必要RP140,000
必要ライオン380,000(訓練費110,000)
火力面

火力に関してはこのランク帯ではまずまずですね・・・
全周砲塔と早めのリロード速度が長点ですね。。
使用弾は
APHE 210/160/76mm
APHEBC 215/193/88mm
APCBC 240/189/107mm
SMOKE
HE 19/19/19mm

貫徹力もそこまで特別高い、というわけではありませんが、爆薬量も多いので貫通した場合はほぼワンパンでしょう。

装甲面

このランク帯では紙です。搭乗員は5名で、オープントップなので戦闘機などには狙われやすいと思います。

戦車の機銃で貫通することはありませんが、オープントップなので搭乗員が横からむき出しです。
弾薬は車体首尾一括りにあります。

機動面

354馬力、65km/hです。
かなりはやいですね、これは不整地でも40~50km/hは出ると思います。(使ってません)
機動を活かし、こまめに陣地転換をしながら敵の側面あるいは裏を取りましょう。

T-64A(1971)

馬

ロシアの戦車はこの辺りぐらいから大好きなんですよ…
でも、私も開発しましたが、ランクVI帯では今1番弱いんじゃないでしょうか…

 

この戦車を4文で表すと

・火力強い
・後進遅い(4km/h)
・装甲イマイチ
・砲精度が悪い(500m付近からバラける)

立ち回りについて
この戦車は火力はとてつもないですが、装甲、機動は頼りにできるものではありません。AB、RBでは駆逐戦車と同じような立ち回りをすると活躍するかもしれません。良いかもしれませんが、砲精度がかなり悪いのでスナイプする際は、弾がバラける可能性がある点に注意が必要です。

均質圧延装甲とは?

通称:Rolled Homogeneous Armor](ろーるど ほもじーにあす あーまー)
略称:RHA(あーるえいちえー)
日本語訳:均質圧延装甲(きんしつあつえんそうこう)
この装甲は数種類ある鉄を若干ずつ加え、合金にし、この合金を2つのローラーの間に通し、圧延した装甲のこと。
つまり、”複数の鉄”を”均質”に”圧延”した装甲ということです。(間違ってたらすいません・・・)

従来の装甲と何が違うの?については

複数の鉄を均質に圧延した鉄は”靭性(じんせい)”と呼ばれる材料の粘り強さが強くなります。
靭性が弱いと、壊れやすいまたは割れやすくなります。それ以前の装甲はこの靭性が弱く、敵弾が命中すると装甲は割れて、貫通します。
しかしRHAは、複数の鉄を均質に圧延することによってこの靭性をあげて、敵弾を貫通しにくくします。
身近なものに例えるとすれば”プラスチック”ですね。割れやすいプラスチックもあれば折り曲げても割れないプラスチックが有りますよね?たぶんそれと似てます。

複合装甲とは?

通称:Composite Armour(こんぽじっと あーまー)
日本語訳:複合装甲(ふくごうそうこう)
言わずと知れた劣化ウランを使用した(ほか数種類)装甲です。
この装甲は鋼鉄だけでなく、鋼鉄以外の異なる物質、セラミックなどを重ねたりすることで、敵弾の侵徹を抑える装甲です。
主にAPFSDSやHEAT(対戦車ミサイルも含む)から守られます。

車両スペック
車両名T-64A(1971)(ランクVI)
125mm(弾薬37)
機銃7.62mm(弾薬2500)
砲塔回転速度11.9°/秒
俯角/仰角-6/14°
リロード速度9.2秒
車体装甲80/85/45mm
砲塔装甲180/150/65mm
重量38.0トン
エンジン出力619hp2800rpm
最高速度61km/h
最大傾斜40°
視界73%
必要RP390,000
必要ライオン1,010,000(訓練費290,000)
火力面

火力面は125mm戦車砲で、この世代くらいから”オートローダー機構”と呼ばれる弾を自動で装填してくれるシステムを導入し始めたので、リロード速度は脅威の9.2秒で・・・
まずは使用弾を見てください。

使用弾は
APFSDS(310/281/167mm)
APFSDS(383/313/147mm)
HEATFS(440/381/219mm)
HE(47/47/47mm)

HEATFSって凄いんですね。まだ開発はできていませんが、爆薬量を見るとTNT換算で2.79kgなので、
当たったらワンパン不回避でしょう。というかこの貫徹力であれば、ほとんどの戦車の前面装甲はほぼ抜けるはずです・・・

やはり火力はソ連がピカイチですかね

T-64と対面したら一目散に逃げましょう。その時はT-64が”爆発”したあとかもしれませんが…

装甲面

外側の均質圧延装甲だけで見ても普通に硬いですね。
でも内側も見てみてください。きっと驚きますよ。

まず均質圧延装甲である砲塔の装甲は、平均250~350mmの傾斜20~30°です。
車体上部の装甲は平均190mmの傾斜68°です。
車体下部の走行は平均204mmの傾斜61°です。

複合装甲である砲塔の装甲は、実弾は400mm、化学エネルギー弾は450mmまで防げる装甲になっています。
車体上部の装甲は、実弾は305mm、化学エネルギー弾は450mmまで防げる装甲になっています。
車体下部に空間装甲はありません。

これに傾斜60°くらいの計算が加わるかわかりません。

馬

一見硬そうに見える装甲ですが、アメリカのMBT-70、ドイツのKPz-70のAPFSDS(10mで貫徹380mm)になぜか前面装甲を貫通されます。
使っててイライラしました。

 
 

前面は対戦車ミサイルであればある程度防ぐことができます。MBT-70のミサイルを7発ほど耐えたあと、弾薬庫に運良く当たり、爆散しました。

ドイツの最終ミサイル戦車?には余裕で貫通されました。

機動面

重量が38.0トンと抑えめで619馬力2800rpmのエンジンを備えています。
整地では61km/hと書いてますが、絶対出ません。RBで平均40km/h、ABで平均45〜50km/hです。

幸い、加速は速い方です。加速はいい方ですが同ランク帯のMBT-70とKPz-70と比べると、天と地の差がありますがね…

後退速度ですが、4km/hです。

いいですか?もう一度いいますよ?

後退速度は”4km/h”です。

人間が歩いたほうが早いですよ。(人間平均5km/h)

BMP-1

馬

水陸両用車のObject 906の後継として、
ATGMを装備したBMP-1が実装です!

 

車両スペック
車両名BMP-1(ランクVI)
73mm(弾薬40)ATGM(弾薬4)
機銃7.62mm(弾薬1000)
砲塔回転速度11.9°/秒
俯角/仰角-5/30°
リロード速度7.8秒
車体装甲19/18/16mm
砲塔装甲23/19/13mm
重量13.0トン
エンジン出力265hp2880rpm
最高速度65km/h
最大傾斜31°
視界70%
必要RP320,000
必要ライオン790,000(訓練費230,000)
火力面

火力面は73mm cannonで、この世代くらいから”オートローダー機構”と呼ばれる弾を自動で装填してくれるシステムを導入し始めたので、リロード速度は脅威の7.8秒で・・・
口径は73mmと小さく見えますね、というのはこの車両自体が歩兵戦闘車と言われるもので、あくまでサポート車両なんです。

なので重戦車や中戦車と戦って、

「よわいんだよ!このバ○プ!!」

とか言わないであげてくださいね;;

使用弾は
HEAT(Anti Tank Grenade)(300/259/149mm)
HE(High Explosive Fragmentation Grenade)(10/10/10mm)

なんか新しい弾種みたいなんですが、私もよくわかりません。

アンチタンクグレネードって言ったら、BFで出てくる対戦車手榴弾ですよね?

それを砲弾にしているんでしょうか。うーん、わかりません。

軽戦車の部類になるみたいですが、軽戦車は突撃してぼんぼんする戦車ではないですよ!!!

敵をスポットして、裏から陣取るサポートです。

特にRBで戦闘するときはこのスポットが大変役に立ちます。

装甲面

紙です。貫通したらほぼ死亡でしょう。搭乗員は3人です。

前に2人が前後で固まっているので、前から抜かれると同時に死ぬ可能性が大です。

戦闘機には余裕で貫通されると思います。このBR7.3あたりになると、20mmが4門とか37mmが2門とか搭載している戦闘機が多いので、

戦闘機がリスポーンしたら注意です。

 

機動面

重量が13.0トンと軽車両といったところで、265馬力2880rpmのエンジンを備えています。
整地では65km/hと現代の乗用車ほどのスピードを出すことができます。
移動に不便はないでしょう。