【速報】ついに次世代通信システム「5G」来るか!?

ドコモは2020年のサービス提供開始をめざして、第5世代移動通信システムである「5G」の研究開発に取り組んでいます。2020年代の情報社会では、移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると予測されています。「5G」はこのような増大するトラフィックに応えるネットワークシステムの大容量化を、低コスト・低消費電力で実現することを目標としています。さらに、10Gbpsを超えるような超高速通信やさらなる低遅延化、IoT/IoEの普及等に伴う多数の端末との接続への対応といった幅広い性能を考慮した研究開発を進めています。
またドコモで取り組んでいる研究開発の成果については、積極的に国際標準化団体への提案を行っています。
お客様によりご満足いただけるサービスを提供できるよう、今後も世界及び日本の移動体通信の発展へ寄与してまいります。

 

5Gは4G、4G LTEのさらに上を行く、1000倍の通信速度と言われています。

5Gは大容量化、低コスト・低消費電力が目標のようですが、4Gのさらに上なのに可能なんでしょうか?

私たちが歩いている際と止まっている際では送信・受信速度が変わります。

歩いている際は「高速移動通信」止まっている際は「低速移動通信」になります。

3Gの通信速度は数Mbps~14Mbps

4G・LTEの通信速度は37.5Mbps~150Mbps

5Gは4G・LTEの1000倍の10Gbpsになるとも言われています。

 

また、2014年から2020年まででトラフィック量(通信料)が約1000倍にまで上がると予測されています。

急増するトラヒック(通信量)
 iPhoneやGoogle Nexusなどのスマートフォン、タブレッットの爆発的な普及で、移動通信へのトラヒック(通信量)は、急増している。2014年3月には671.7Gbps(月間平均 総務省調査)という膨大なトラフィックが記録されている。移動通信へのトラヒック(通信量)は、この5年で、10倍、これからの5年でさらに10倍、この5年で10倍、2020年までには1000倍になると言われている。
2011年から2012年にかけて立て続けに起こった通信障害は記憶に新しい。急増したiPhoneやGoogle Nexusなどのスマートフォン、タブレッットの通信量を処理できず、“つながらない”をというトラブルが日本全国で多発した。膨大な数の移動端末が、ネットワークに“つなぎっぱなし”になることが原因だったという。

2017年5月から5Gの試験的サービスが利用できます。

場所は「東京臨海副都心地区(お台場・青海地区)および東京スカイツリータウン周辺等」にてトライアルサイトが作られました。

5G対応機器は未だにないため、特別なタブレットを使用しての体験になります。詳しくはこちらへ

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/docomo5g/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。