【速報】不正転売対策にLINEとアミューズが電子チケット提案!

LINEと、アーティストのマネージメントなどを手掛けるアミューズは5月24日、新たな電子チケットサービスのあり方の検討することで基本合意したと発表した。チケットの不正転売問題などの課題を解決する「次世代の電子チケットサービス」の創出を目指すとしている。

画像
ニュースリリースより

チケットの不正転売問題や公式再販などの課題を解決するとともに、ライブコンサートだけでなく、舞台やスポーツなど「あらゆるライブ産業の発展に寄与する次世代」の電子チケットサービスを目指すという。あらゆるコンテンツホルダーや企業とともに「オープンなサービス」を構築したいとしている。

不正転売対策として電子チケットが本格的に提案されているようです。

最近になって転売が増えましたよね。

ほしいライブのチケットが売り切れて、どうしてもほしい方はヤフオクやメルカリなどで高額で売られているチケットを購入してしまう。

そういった方が後を絶たないと思います。

あるイベントでは400人まで入れるイベントがあり、参加者は6,000人応募がありました

当日になると空席が多く、ガラガラの状態だったようです。

転売屋によってイベントが潰されたのです。

 

話は変わりますが、現時点で電子チケットサービスがあるのですが、色々と制約があります。

・インターネット接続が可能な、090、080、070で始まる日本国内で契約している携帯電話番号を持った、スマートフォン端末
※「iOS 7.0」「Android OS 4.0」以上
※iPhoneの場合、SMS、通話機能が必要です。

※ただし上記を満たしていても、以下端末は非対応となります!

・【Google Play】【App Store】非対応の端末(らくらくスマートフォン / ガラホなど)
・iPad / iPad mini
・Androidタブレット
・iPod touch
・SIMフリー端末(freetel シリーズなど)
・LG Optimus Vu L-06D (docomo)
・L-06D JOJO (docomo)

なお、電子スタンプの対応/非対応機種については下記をご確認ください。

インターネットが利用できるかつ電話機能が利用可能なスマートフォン。「iOS 7.0」「Android OS 4.0」以上で、iPhoneの場合、SMS、通話機能が必要とのこと。

さらにシムフリー端末では非対応があるなど、まだ色々と不便が残っています。

LINEとアミューズには早く電子チケットサービスを開発してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。