【2017年7月】なぜツイッターには不快な広告が多いのか!?ツイッターの広告サービスを利用してみた【解説】


ツイッターの広告サービスに問題があった…

馬

こんにちは、出会い系のプロモツイートの女の子が可愛すぎて、よく引っかかる運営者の馬です。

 

 

馬

こんな感じのプロモツイートが多い…と感じたことはありませんか?

 

馬

実はこういう広告が多いのには、しっかり理由があったのです。

 

 

印象の悪い広告が多い理由

馬

その理由はGoogleで「Twitter 広告」と検索すると出てきます。

 

 

馬

実は「ツイッターの広告は企業だけができる」というものではなかったのです!!!

 

 

馬

つまり、スパムのような広告を出している人達は、この広告サービスを利用し、広告を出しているのです。

 

 

馬

こういった広告を出し、サイトに誘導している人は「アフィカス」と呼ばれています。

 

 

アフィカスとは?
アフィカスとはアフィリエイトとカスが混ざった言葉です。
つまり、不当な方法で広告収入を得る人たちのことです。
主にまとめブログ、無断転載や無断使用、虚偽の内容を拡散し、サイトに誘導するなどがあげられます。


アフィリエイトとは?
アフィリエイト(Affiliate)とは「提携する・加入する」という意味があります。
自分のサイト(ブログ)で、広告主の商品を紹介することにより、
プレビュー数やクリック数、実際に購入された数に応じて、報酬(広告収入)が入る仕組みです。
自分のサイトなどに、広告主の広告を設置する場合は無料ですが、自分たちが広告主の場合は料金が発生します。(YoutubeやTwitterでは1回表示当たり1円ほどがかかります)

馬

最近のツイッターでは、このプロモツイートよりも悪質なものが増えています。
それは「挨拶DM」というものです。

挨拶DMとは?
挨拶DMとは、フォローされた時、フォローした時に、相手に自動的に送られるダイレクトメッセージのことです。
このDMでは、URLを送ってくる場合が多いので決して、クリックしてはいけません。

馬

このアフィカスたちは、ツイッターの広告サービスを利用し、自分たちのサイトへ誘導し、広告収入を得ているのです。
アプリのダウンロードを促すアフィカスも現れています。

 

 

馬

さらに最近では副業や起業、ネットビジネス関連であたかも稼いでいるかのように思わせて、人を集め、同じようなことをさせ、収入を得るアフィカスが跡を絶ちません。

 

 

馬

これはマルチ商法に似ていると思います。
また、購読者など増やすことによって収益を得る場合もあります。

マルチ商法とは?
マルチ商法は、連鎖販売取引とも言われます。
例:Aという人物がBに「新規購読者を獲得すれば報酬をあげるよ」、そしてBがCに「新規購読者を獲得すれば報酬をあげるよ」さらにCがDに「新規購読者を獲得すれば報酬をあげるよ」(以下繰り返し)
このように販売者を増やしていくことによって、収益を増やしていきます。
また、このマルチ商法は違法ではありませんが、ギリギリです。法に触れる場合もあります。

以下Wikipedia様より引用

1.連鎖販売取引のこと(通常、この定義で用いる。多くの辞書でもこの意味で用いられている。消費生活センターも、この用法を採用している)。
2.連鎖販売取引と、それに類似したものの総称。
3.連鎖販売取引のうち商品を再販売するもの。
4.連鎖販売取引とそれに類似商法のうち悪質なもの。

実際に個人でも広告を出せるのか

 

馬

実際に馬が試してみました。
Twitterの広告サービスにログインを済ませると、このような画面になりました。

 

 

 

馬

今回は試しなので、多くの方に見てもらうために「ブランド認知度の向上」を選択します。

※値段設定は適当な少額です。

 

馬

次の項目で広告として、多くの人の目に触れることになるツイートを設定します。
ここが原因です。選択し、次の項目へいっても審査のようなものがないのです!!!

 

 

 

馬

そして広告を見てもらう客層、ターゲティングを決めて、
広告にどれだけお金を払うかを決めます。
最後にキャンペーンを確認します。

 

 

 

馬

個人を選択し、住所を入力します。

 

 

 

馬

支払い情報を入力します。クレジットカードのみです。

 

 

馬

すべて終わったらこのような画面になります。
これで広告が実行されるようです。

 

 

馬

少し時間が立つと、1日の利用額を10円に設定したので、これをもとに、広告が30人以上に表示されたようです!

 

 

個人で広告を出すことは可能だった

馬

個人で広告を出すことは可能でした。
しかし、この広告を出すことにより、もしかしたら広告に対して良い思いをしていない人が、ブロックしてしまう可能性はあります。

 

 

馬

よほど下手な内容ではない限り、ブロックされることは無いと思いますが、広告に出すツイートはしっかり選ばないといけないですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。