パリティチェック-paritycheckについて

パリティビットを用い、奇遇かどうかを判断することにより、データの誤りを検出する。

その誤りを調べることをパリティ・チェック (parity check) という。

また偶数を「even parity」奇数を「odd parity」という。

※2進数以上では使用できない。

 

元データ8ビット「01001011」末尾に1のパリティビットを追加して「010010111」で奇数データを送信する。

送信「010010111」

受信する間に何らかの障害でデータに誤りが出た。

受信者「010010011」

パリティビットを付加しているので、1の数が奇数ではないと判断できる。そして受信者側はデータが間違っていると判断し、送信者に再送信を求める。

 

関連

パリティビット-paritybit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。