sslについて

SSLについて

 

SSLとは

通称「Secure Socket Layer(セキュアソケットレイヤー)」と言い、現在主流となっている、通信を公開鍵暗号化方式で暗号化するプロトコルである。ユーザー(Webブラウザから)がサーバーと通信する際、またはその逆のとき、ユーザーとサーバー間の通信を暗号化する

なりすまし、データの改ざん、通信の盗聴などを防止するために開発された。これを採用していないWebサイトは、何か個人情報を入力する際、またその情報を送った際に情報を盗聴(盗み見)される危険性がある。そのため、クレジットカードや銀行口座、名前などを入力する際にWebサイトがsslに対応していない、または通信方式が「https」ではないものの場合注意が必要である。

 

関連

SSLサーバー証明書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。